お寺さんの費用はばかになりませんから

葬式を行うにはたくさんのお金がかかります。
間違っても勘違いしてはならないのは葬儀社のプランそのものがお葬式のトータル費用ではありません。
実際にはこれ以外にたくさんの経費がかかります。
まず火葬場の利用料金と運転手や職員に対する心づけ、参列者のお食事代や返礼品などが該当します。
しかしそれ以上に大きなウエイトを占めるのがお寺さんの経費となります。
お寺さんの経費は読経そのものが1人数万円くらいします。
告別式の場合は1人で行うことは少数派で大概は2人または3人となります。
そのお寺さんは別途お車代と称して交通費が数千円、お膳料と称して1万円くらいを不文律として支払います。
そしてさらに莫大な経費の1つとして戒名の存在があります。
この戒名は死者につけられる別の名前なわけですが、これが1人約20万円かそこらだともいわれています。
この戒名は文字が増えるごとにおカネもかかります。
しかしおカネがかかるからといって文字数をケチってしまうと、周囲の参列者から非難される恐れもありますので慎重な対応が要求されます。
そのためお寺さんに支払う経費はトータルすると約30から40万円くらいになることもあります。

現在のHPに満足していますか?

中国輸入の代行パートナー

希望の葬式を行うためにも情報収集は必要です

一般葬が主流だった昔とは違い、現在は家族葬や一日葬など身内だけで故人とゆっくりお別れできるスタイルの葬式が人気です。
どんな最期を迎えたいのかじっくり考えるためにも情報収集は必要なので、暇な時間を利用して自宅のパソコンで調べましょう。
インターネット上には葬式に関する様々な情報が掲載されていますので、その中から気になる情報をピックアップしてチェックするのがオススメです。
もちろんインターネットで調べるだけでなく、直接葬儀会社を訪れてスタッフと話をすることも重要です。
葬儀会社のスタッフは専門知識を持ったプロなので、疑問に対して理解するまでわかりやすく丁寧に教えてくれます。
話をするだけでなく無料で提供されている生前見積もりを依頼したり、実際に葬式の際に利用する斎場を見学することも可能なので、仕事が休みの日に直接足を運んで見てください。
普段中々考える機会が少ないですが、意識して情報収集を行うことを心がけましょう。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.